化粧品広告でやってしまいがちな表現の間違い ~体験談でのNG表現~

cosmetics-106982_640

こんばんは、 薬機法 ( 薬事法 )に強い 薬剤師 コピーライター の 田中由那子 です。
 

引き続き、 化粧品 の 広告 表現 について学んでいきます(*´꒳`*)
まだあるの?という声が聞こえてきそう…笑!

 

まだあります!
まだまだあります………(>_<)!

 

今日も張り切っていきましょう… (*´꒳`*)(むりやりだな…)

 体験談で 効能効果 ・ 安全性 を示すのは禁止

これは以前にも触れていますね。

効果 をうたえないから、 お客様の声 に紛れ込ませてしまおう!という魂胆は通用しません…。

 

例1:●●で 肌のむくみ がとれました!

→ 化粧品 の 効能 範囲 を超えている。 薬機法 違反

 

例2:●●で 肌 の きめ が整いました!

→ 薬事法違反 ではないが、 適正広告基準 違反

 

例3:●●はべたつき感がありません!

→ 体験談 だけど、 使用感 なのでOK

 

適正広告基準 というのは、「化粧品広告で表現できる効能効果の範囲」のことです。

詳細はこちらのページで解説しています。↓↓

化粧品 の 広告 を作成する前に、 薬機法 ( 薬事法 )で注意しておきたい表現①

 

 

お客様の声の欄では、「 治す 」と書かずに、「 化粧品 広告 で 表現 できる 効能効果 の範囲」で記載したとしても、NGになるのです。

 

それは…、あたかもみんなに効果が出ることを示唆してしまうからなのです・・・・∑(゚Д゚)

お客様の声では基本的には使用感しか言えません。

覚えておきましょう!

まとめ

テレビショッピング や CM 、 新聞 広告 では特に 広告 審査が厳しいので、 効果 を言葉で表現しなくても、「良くなりそう」という感情を抱かせる工夫が随所に詰まっています。テレビや新聞などの広告をこまめにチェックしておけば、表現の仕方が学べますね(^^♪

 

cosmetics-106982_640


LINEで最新情報を【無料】で受け取れます!


LINE-CTA

LINEアプリが入っていればすぐに購読できます!!

「友だち追加」のボタンを押す、もしくはLINEアプリで「@892copy」と検索して友だち追加してくださいね(^o^)

※小冊子は準備中なので、用意でき次第ご案内いたします。

ABOUTこの記事をかいた人

ゆなこ

薬剤師 セールスライター 田中 由那子(たなか ゆなこ) 前職にて、医薬品の広告を作成したり、薬事管理部門にて200を超える支店から相談を受けていた。現在、薬剤師として活躍する傍ら、セミナー等の集客、売上アップを目的としたランディングページなどを執筆。最近では、「 薬剤師 としての専門知識」「 薬機法 ( 薬事法 )の専門知識」を活かし、美容・健康系の分野でのライティングへと活躍を広げている。夢は、世に知られていない価値ある商品を広めていくこと。